学習は生涯続くもの〜未来を切り開く勉強〜

勉強の進め方を知る

鉛筆で書く

日商簿記1級は合格率が低いので、勉強を始めるときからどうやって勉強をしていこうかを考える必要があります。勉強をし始めようと思ったときから試験の日までを計算して、いつまでに何を終わらせていなければならないかを考えておきましょう。 日商簿記1級の対策講座を予備校で受けると、テキストも付いて授業も受けることが可能ですが、費用面を考えると独学の方が安価だといえるでしょう。自分が必要だと思ったテキスト類だけ購入すればいいですので、独学ではできるだけ費用を削減することも可能です。しかし、教材を安く済ますためには、購入前に吟味して決めていく必要があります。テキストが合わなかったといって買い直していたら、その分金額もかかってきてしまいますので、よく考えて決めるようにしましょう。

日商簿記1級の対策講座を設けている予備校は多いですので、講座自体を見つけるのは比較的簡単です。それらの講座にも、いろいろなものがありますので、自分の実力に合ったものを選ぶことも必要になってきます。初学者なのか、受験経験者なのかでも、選ぶコースは変わりますので注意しましょう。これらの講座で、初学者を合格レベルにまでもっていくためのものでは、相場として10万円程度だといえるのではないでしょうか。 また、日商簿記1級の勉強では、独学を選択することもあるでしょう。独学は、もっと相場が下がってきますが、どのぐらいテキストを買うかでも変わってきます。予備校でテキストだけセットで売っている場合もありますが、相場としては2万円以下だといえるのではないでしょうか。